一般社団法人は規模により組織が異なってくる

一般社団法人は2名から数千人まで幅広い団体が法人格を得るために使える形態。

もっとも、それぞれの構成員の規模等によってそれに合った組織を作らなければ、スムーズな運用ができない。

1.小規模に2名だけで設立する場合

定款などは動きやすいように極力シンプルに作る。この場合、社員2名のうちどちらかが代表理事になることで、他に人員は不要。

・理事(代表理事)1名

というシンプルな構成になる。

2.中規模な一般社団

→ここでは、組織の構造がいろいろ選べるということを説明する。理事会を設置するなら監事も必要だよとか、会計監査人を設置することもできるよ、などなど。

3.大規模な一般社団

この場合もっとも気をつけなければならないのは社員総会の部分だよ。全員参加で作ることもできるけど、全国組織などの場合、代議制を採用する場合もあるよ。委員会制を併用して細則などを決めなければならないなど、設立手続きも規模が大きくなり煩雑になるよ。代議制ならではの気をつけなければならない部分があるから、よろしければ一度ご相談ください。

一般社団法人設立の相談ご予約は、お電話・メールにて承っております。/p>

お電話でのご相談予約
メールでのご相談予約やご質問

下のメールフォームからのお問い合せは24時間受け付けております。
48時間以内に、担当行政書士からご回答いたします。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号


※メール不達の際にお電話いたします。できるだけご入力ください。

お問い合わせの概要

※複数回答可

上記に当てはまらないお問い合わせは下記にご記入下さい。

お問い合わせの具体的内容 (必須)

ページトップへ戻る